にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?二キビ対策スキンケアとは

   

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s
ニキビは皮脂が多いから出るというイメージが強いですよね。

でも実は皮脂が多いだけではないんです。

もちろん、皮脂が多いと皮脂が毛穴に詰まることもあるので、ニキビになってしまいますが、ニキビの原因は毛穴のつまりです。

では、乾燥肌なのにニキビができるのはなぜなのでしょうか。

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

肌質は人ぞれぞれで違います。

混合肌の人もいれば、脂性肌の人や乾燥肌の人もいます。

混合肌とは鼻の周りやおでこは脂がのっているけど、口周りや頬は乾燥しがち・・・という方です。

脂性肌とは、皮脂の分泌が多めで、いつもテカっているオイリーな感じの方です。

乾燥肌とは、皮脂肌とは逆で白く粉がふいたような感じの顔がパリパリするという方です。

ニキビができやすい肌は皮脂の分泌が多い脂性肌のイメージが強いのですが、実は乾燥肌でもニキビはできます。

皮脂の分泌も少ないのになぜ?と思っちゃいますが、皮脂の分泌が少ないだけで皮脂は出ています。

その皮脂がつまってしまいニキビになってしまうのです。

毛穴に詰まらなければニキビができないならばごしごし洗えばいいんじゃないの?という考えは間違いです。

ごしごし洗うと確かに毛穴の汚れは出やすい状態ですが、肌への負担は大きくなります。

肌への負担が外部の刺激に敏感になり、ホルモンのバランスを崩してしまうため、ニキビとなってでてくるのです。

乾燥している時は外部の刺激に敏感になっていますので、肌に刺激を与えないようにケアすることをおすすめします。

二キビ対策スキンケアとは

ニキビを何とかしたいからとひたすら顔を洗うだけではニキビはなくなりません。

甘いものや脂っこいものを食べすぎないように気をつけるのはもちろん、間違えたスキンケアを行っていては良くなるものもよくなりません。

二キビ対策のスキンケアもチェックしてみましょう。

ニキビ対策のスキンケアは水分だけとか油分だけが多いのがいいわけではありません。

水分と油分のバランスもとても重要です。

油分が多いとニキビができるイメージがあるので、油分は少な目に・・・とつい考えてしまいますが、ニキビを予防するために油分も必要です。

また、水分を補給したら油分で蓋をしないと水分が逃げてしまい、乾燥してしまいます。

そのため、ちゃんと水分と油分のケアを行いましょう。

また、乾燥が気になるからとクリームやオイルをベタベタぬってしまいますが、油分を与えすぎたり、ベタベタするほどオイルやクリームを毎日使ってケアしているといつのまにか自分の力で調整できなくなり、バランスが崩れて皮脂過剰の状態になってしまいます。皮脂過剰はますますニキビへつながってしまいますので、油分の与えすぎに注意が必要です。

さらに、ニキビを隠したいからとべたべたとファンデーションやコンシーラなどをべたべたぬってしまうと、毛穴をふさいでしまううえ、クレンジングや洗顔だけでは落としにくくなってしまいます。

また、ごしごしと洗ってしまうと肌へ刺激を与えてしまいますので、よくありません。

たっぷりの泡でやさしく洗い、化粧水で水分補給し、乳液で補給した水分が逃げないよう蓋をしましょう。

洗顔料で1日何度も洗いすぎないことも大切です。

おすすめ記事

 - おでこニキビ , ,