にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

消えるニキビ痕って?凸凹ニキビ痕は?

   

02c8b42adfec802602e41f78687685b9_sニキビが痕として残ってしまうとなかなか消すことはできません。でも、消えるニキビ痕があるのはご存知でしょうか?ニキビ痕になったとしてもきちんとケアを行えば消えるニキビ痕もあるんです。

消えるニキビ痕とはどんなものでしょうか。

<h3>消えるニキビ痕って?</h3>

赤く色素沈着したり、凸凹だったりとニキビ痕の種類は様々です。ニキビ痕と聞くともう消すことができないというイメージが強いのですが、実は消えるニキビ痕もあるんです。

消えるニキビ痕とは、赤くなっているものや色素新着したニキビ痕です。「ニキビ痕」なので多少は痕が残っているのですが、色素沈着が落ち着けばニキビ痕は目立たなくなります。

つまり赤みや色素沈着が落ち着けばニキビ痕は消えるので赤み、色素沈着を目立たなくするケアを行いましょう。色素沈着や赤みはすぐには治りません。そして、表面からと体の内面からケアしましょう。

色素沈着は、細胞の色素がたまって色が変化したことで、日に焼けると赤くなったり、茶色になるメカニズムと同じです。そしてシミができるメカニズムとも同じなのです。

ということはシミ消しに効果があるケアは色素沈着にも効果があるといえます。

なので、美肌効果のあるビタミン類を積極的に摂取することや美白化粧品などでケアし、ターンオーバーを促すことで色素沈着を解消することができます。ケアするだけではターンオーバーを促すことはできません。

ストレスはターンオーバーの働きを狂わせてしまいますので、ストレスをためないことが大切です。美肌になるホルモンは寝ている間に出ていますので、質の高い睡眠をとることが重要です。適度に体を動かして汗をかいたり、血液の流れを促しましょう。

古い角質が残っているとニキビの原因になってしまいますので、定期的に角質を取り除きましょう。すぐに色素沈着が解消されることはありません。時間をかけてゆっくりとケアしましょう。

<h3>凸凹ニキビ痕は消すことができる?</h3>

ニキビ痕の種類は大きく2つにわかれます。

色素沈着や赤みが残ったニキビ痕と、凸凹したクレーター状のニキビ痕です。色素沈着や赤みの場合は時間をかけてケアすれば消すことはできますが、凸凹したクレーター上のニキビは消すことができるのでしょうか。

自己流のケアだけでは綺麗に消すことができるとはいえませんが、ある程度解消することはできます。

ただ、もっときれいにしたい場合は皮膚科を受診してぴったりの治療を受けた方がいいでしょう。

治療を始める前はどれくらいの期間が必要か、金額はいくらかかるのか、副作用はあるのかなどをチェックすることをおすすめします。

おすすめ記事

 - ニキビ痕 , ,