にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

ニキビ痕の色素沈着をキレイにできる?長期休暇で治すには

      2016/11/04

gf2160369275
ニキビができただけでも嫌なのにニキビ痕が出来てしまうと、もううんざりですよね。特に赤や茶に色素沈着してしまったら、メイクをしても目立ってしまいます。

ニキビ痕になってしまうとなかなか治りませんが、せめて色素沈着は何とかしたい。ニキビ痕の色素沈着はキレイにできるのでしょうか。

ニキビ痕の色素沈着をキレイにできる?

色素沈着したニキビ痕は結構目立ちます。ファンデーションを重ね塗りしても赤みは目立ってしまいます。そんな色素沈着したニキビ痕ってキレイにできるのでしょうか。

答えはできます!

ただ、何もしないと色素沈着したまま残ってしまいます。また、赤く色素沈着したニキビ痕は肌の奥で「炎症」が続いているから。この炎症を抑えることで落ち着いてきます。ただ、炎症が続いているのは肌の奥のため、肌の表面をケアするだけでは赤みを取ることができません。

肌の奥まで浸透するコスメでケアし、肌が本来持っているターンオーバーの力を促しましょう。肌の細胞が生まれ変わることで、傷ついた細胞が放出されます。ニキビができないようにケアしつつ、肌の内部からケアしましょう。

少し厄介なのは茶色に色素沈着したニキビ痕です。茶色に色素沈着してしまうのは、紫外線など外部の刺激を受けて、「メラニン色素」が沈着したため茶色となり肌に残った「シミ」と同じ状態です。シミ対策も肌の奥にしっかり浸透するケアを行い、肌のターンオーバーを促すことが大切ですが、シミができないように、紫外線など外部の刺激を予防するケアも大切です。

紫外線はシミを作るだけでなく、日焼けなど肌に強いダメージを与えます。そのため、紫外線が多い春先から夏場だけ日焼け止めなどを塗るのではなく、1年中日焼け止めを使用するなどして紫外線などの外部からの刺激を予防しましょう。

口コミで人気のUVケア

また、気になるからと肌を触るなどの刺激もおすすめできません。特に汚い手でさわることでニキビ痕にニキビが出来てしまう場合もあります。ニキビ痕で傷ついた肌をさらに傷つけかねませんので肌を頻繁に触らないようにしましょう。

長期休暇でニキビ痕って治せるの?

ニキビ痕になってしまうとかなり目立ちます。そのため、学校が休みなど、長く休みがとれる時に治したいですよね。長期休暇で確実にニキビ痕を治したい場合は、病院を受診すると安心です。特に美容皮膚科などでは、ケミカルピーリングやレーザー治療、フォトフェイシャルなど様々な方法があります。

ただ、保険適用外の治療がほとんどな上、何度か病院に通う必要があります。特にピーリングは薬を使って1部の細胞を除去し、肌のターンオーバーを促しますので、肌の生まれ変わりは家で行うケアよりは早いといえます。

ただ、副作用ももちろんあります。何日かすると落ち着いてきますが、しばらく肌に赤みやかさぶたができる場合もあります。器具や薬品などで肌を傷つけるわけですから副作用もあることは考えておくといいでしょう。

また、長期休暇といっても、ターンオーバーは28日ほどですので、ターンオーバーを3回ほどの長期休暇であれば変化もみられるかもしれませんが、そんな3ヶ月もの長期休暇は現実的には難しいので、施術1回でも効果を実感できるレーザー治療がおすすめです。

 

施術1回でも効果を実感できるレーザー治療

東京の病院だと地方からじゃいけない・・・そんな時は旅行気分で施術するというのもありです。ニキビ痕の悩みから解消されましょう。

 

肌のたるみ、美肌同時にケア!インフィニハイブリット

おすすめ記事

 - ニキビ痕 , , ,