にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

中学生のニキビケアはどんなものがいいの?正しいケアの方法とは

   

f3e2165597f12dc5736fba6204788b4f_sニキビに悩まされ始めるのは成長ホルモンが活発に分泌され始めるころです。多くの人は中学生くらいからにきびが少しずつ出来始め、中学校を卒業するころは全盛期と言えるほど顔中にニキビが出来てしまいます。

中学生の時にできるニキビは「思春期ニキビ」とも呼ばれ、きちんとケアしないと悪化し、ニキビ痕になってしまいます。また、10代の思春期の子どもはとても繊細で周りの目をとても気にします。そのため、ニキビができたら髪の毛やマスクなどでニキビを隠そうとします。

どんなに隠しても二キビは治りませんし、髪の毛やマスクが当たることでニキビが悪化する場合がありますので、隠すことはあまりおすすめできません。

中学生にできるニキビは、成長ホルモンの分泌量が多いため、過剰に皮脂が分泌されます。皮脂の量が多いうえ、毛穴に詰まりやすい状態になっているところにアクネ菌が増えたことでニキビが大量に出来てしまうのです。

ニキビができてしまう理由は成長ホルモンだけでなく、脂っこいものの食べ過ぎや偏った食事、睡眠不足、ストレスなども関係します。そのため、中学生の肌にあうニキビケアコスメでケアしつつ、生活習慣を見直すことが重要なんです。

中学生のニキビケアはどんなものがいいの?

中学生にできる思春期ニキビを治すためには、

・中学生の肌にあうニキビケアコスメを使用する
・生活習慣を見直す

ことが大切です。

ニキビケアコスメは沢山ありますが、どんなものがいいのでしょうか。思春期ニキビにぴったりのニキビケアコスメは

・プロアクティブ
・ファーストクラッシュ
・オルビスクリア

などです。

set_01
プロアクティブは、日米で売上No,1のニキビケアコスメです。CMでもよく見かけますね。プロアクティブが思春期ニキビに効果を発揮するのは、プロアクティブ独自の新技術「スマートターゲットテクノロジーがニキビケアに効果を発揮する有効成分を毛穴の奥深くまで届けることや、肌の角質層を柔らかくするサリチル酸が配合されていること、天然の植物由来の保湿成分がたっぷり使われているので、10代の敏感な肌、乾燥肌にも使えるのです。

img_30set
また、ファーストクラッシュは洗顔料1つで、洗顔、化粧水、美容液の3つを1度に行うことができ、日本人の肌にあう成分と角質を柔らかくするサリチル酸、植物由来の保湿成分が配合されています。中学生は何かと忙しいので、洗うだけでニキビケアできるならうれしいですよね。

miniitem_products
オルビスクリアは大人ニキビケアにぴったりのコスメですが、繰り返すニキビに効果を実感できるコスメとして人気が高く、皮脂の多いおでこや頬のニキビにも使えます。肌のバリア機能をアップさせる成分や、殺菌、ニキビ予防、抗炎症等に効果を発揮するグリチルリチン酸ジカリウムも配合されています。また、オイルカットでありながら高い保湿力で肌をバリアするので、外部の刺激から繊細な肌を守ります。

ただ、思春期ニキビにあうコスメをつかっても正しいケアを行わないとニキビを改善することはできません。ニキビケアで一番大切なのは洗顔です。洗顔料が肌に残るような洗顔では洗顔料が残った部分からニキビが出来てしまいます。

正しいケアの方法とは

顔中にできたニキビを改善するためには、ニキビケアコスメだけを使っていればよくなるという訳ではありません。生活習慣を見直すこともニキビケアには重要なポイントです。

例えば、ついつい忙しくて夜更かししがちの中学生ですが、しっかり睡眠をとることが大切です。美肌のため、大きくなるためには最低6時間は寝ることをおすすめします。

さらに、部活動から帰って小腹がすいた時や夜遅くまで起きていてお腹が減ったからとついついお菓子に手がのびてしまいます。ポテトチップスやチョコレートなどあぶらっこいものや甘いものについ手が出がちですが、ニキビが出来ている時はあまりおすすめできません。食事も同様で、お肉や魚、野菜などをバランスよく食べることが大切です。

そして、ストレスを上手に発散しましょう。時には大声を出してみたり、身体を思いっきり動かしてみたり、大声で笑うなどでストレスを発散しましょう。

また、中学生だからどんなに日焼けしても大丈夫と紫外線対策を行わない人は多いのですが、実は紫外線もニキビには刺激になって、悪化させてしまう原因なのです。日焼け止めも何も塗っていない肌に直接紫外線があたってしまうと、日焼けはもちろん、皮膚の奥の細胞も傷つけてしまいます。そのため、日焼け止めを塗るなどして紫外線対策も行いましょう。

おすすめ記事

 - ニキビ全般 , ,