にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

あごにきびがしつこいのはなぜ?原因とケアの方法

      2016/10/20

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s
おでこや頬に出来ていたニキビが、あごにできるようになった・・・と悩んでいる方は少なくありません。実は私も思春期は頬とおでこにいっぱいニキビが出来ていたのに、20歳を過ぎたころからあごにニキビができるように・・・

頬やおでこは汗をかいたり皮脂が多いから仕方ないと思っていたけど、あごは汗もあまりかかないし、ベタベタする印象もないのになぜニキビができちゃうんだろう・・・と思いませんか?あごにニキビができるようになったのは・・・思春期のにきびとは違い、ストレスや生活習慣、ホルモンバランスなどが原因「大人ニキビ」なのです。

あごにきびがしつこいのはなぜ?

あごニキビは一度できると治ったと思ってもまた出来てしまいます。なんでこんなにあごニキビはしつこいのでしょうか。

あごにできるニキビはとっても厄介。触ると痛いし、なかなか治らないし、治ったと思ってもまた出来ちゃう。あごニキビができる原因のひとつにホルモンのバランスが崩れることが関係します。

ホルモンバランスの崩れる原因は睡眠不足だったり、ストレスだったり、生活習慣が乱れていたり、環境がかわったりなど。それでなぜあごなのかというと、もともとあごの周りは男性ホルモンが影響します。女性だから男性ホルモンは関係ない!は間違いです。

女性も微量ながら男性ホルモンは分泌されており、ホルモンバランスが崩れることによって、従来とは違い多く分泌されます。さらに女性ホルモンのひとつ、黄体ホルモンの分泌も多くなると、皮脂の分泌を活発にするのです。多ければいいのではなく、肌にとっては良くないのです。

皮脂の分泌が多いのに、スキンケアの方法が間違っていたらあごニキビは悪化してしまいます。様々な原因が重なり、あごにきび=大人ニキビを悪化させているのです。そんな大人ニキビは治らないのでしょうか・・・

そんなことはありません!

ホルモンバランスの崩れる原因を追究し、改善したり、正しい方法でケアを行いましょう。また、ストレスをためないこともとても大切なので、ストレスがたまったと思ったら発散することをお勧めします。

にきびはつぶしてしまうと悪化したり、ニキビ跡になってしまう場合もありますので、正しい方法でケアすることをおすすめします。一番は体調を整えて、ストレスをためず規則正しい生活を送ることです。あごにきびができたら生活習慣を見直してみる事も大切です。

あごにきびケアの方法

あごニキビが出来てしまう理由は沢山ありますが、きちんとケアしないと何度でも出来てしまいます。ニキビケアで特に重要なのは「洗顔」です。顔の汚れや皮脂、古い角質などをきれいに落とさないと毛穴のつまりの原因になります。洗顔料で汚れを落とす前にクレンジングを行いましょう。その後、洗顔料でたっぷりの泡を作って顔全体を泡で多い、数秒おいて泡に汚れなどを吸着させましょう。

洗顔料のみで洗うより、クレンジングを行った後に洗顔する方が汚れの落ちが格段にアップします。特にメイクをしていると洗顔料だけでは落としきれていません。毛穴にメイク汚れを残さないためにもクレンジング→洗顔料を使って洗うようにしましょう。

泡がしっかり落ちているか、洗顔料が残っていないかを首あたりまでチェックしましょう。あごは見えにくい場所のため、よく洗顔料が落としきれず残っています。この洗い残しもあごにきびの原因のひとつになりますので、落ちているのを確認しましょう。

洗顔すればその後は何もしなくても・・・はダメです。洗顔料で肌に必要な水分や油などはなくなっています。水分を補い、乳液で水分を逃さないように蓋をしましょう。もちろん、忘れがちなあごから首にも水分と油分を補うようにケアしましょう。

 

スポンサードリンク


おすすめ記事

 - あごニキビ , ,