にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

ニキビの場所で原因が分かるって本当?部位別の対処法とは

   

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_s
ニキビが顔にできてしまったら、目立つしなかなか治らないからつらいですよね。ニキビができる場所もおでこ、頬、鼻、あごと顔だけでも沢山あります。にきびができる原因はなんらかの理由で毛穴がつまるということが主なものですが、ニキビができる場所でニキビができる原因が分かるって本当なんでしょうか。

ニキビの場所で原因が分かるって本当?

ニキビは顔だけでも様々な場所にできます。ニキビができる場所で原因が分かるって本当なのでしょうか。

答えは本当です!

例えば、おでこはにきびができやすい部位です。その原因はもともと皮脂の分泌が多い場所な上、洗顔料やシャンプー、リンスの洗い残しが多い場所でもあります。また、髪の毛がふれたり、目立つためついつい手で触ってしまいがちの場所です。

この部位に大量にニキビができる時は、10代の思春期が多いのですが、大人になってもニキビができる方はいます。おでこにニキビができる=脂がたまりやすい場合も。

ただ、おでこ付近は汗をかきやすい=新陳代謝が活発なため、ニキビができても触らなければ悪化することも少なく、ニキビ痕になりにくい場所なのです。

また、頬は顔の部位の中で一番広い場所です。寝る時に枕があたったり、短くない限り髪の毛があたる場所でもあります。また、ファンデーションなどで毛穴が詰まりやすい場所でもあり、他の部位に比べてニキビができると悪化しやすい場所でもあります。

つまり、頬は汚れがつきやすく、メイクなど毛穴がつまり悪化しやすい場所なのです。おまけにニキビ痕になって残ると目立ってしまうため、さらにメイクが濃くなってニキビができると悪化するという悪循環が起こりやすい場所とも言えます。

鼻は顔の中で一番高い場所であり、目にも入る気になる場所です。ニキビができると自分で見えてしまう場所です。鏡を通さなくても見えてしまうとショックですよね。また、目立つからとニキビが出来ていたらついついつぶしてしまい、つぶしきれなくてニキビが悪化することも。

無理矢理毛穴から角栓や皮脂を押し出すため、毛穴が開き、黒ずんでしまうことも。黒ずみは皮脂の汚れなどが角栓になり、酸化したためです。黒ずみを解消するため手で黒ずみを押しだし、気がついたらまたたまっている・・・なんてことも。

あごまわりのニキビがは今は多くの人が知っている「大人にきび」です。ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの崩れなどが原因と言われています。また、繰り返しできやすい場所で、口を動かしたり、ついついニキビをさわってしまい、悪化しやすい場所でもあります。

それぞれの部位でできる原因は異なります。なので、部位別にケアした方がニキビの治りが早いといえます。

部位別のニキビの対処法とは

おでこにニキビが出来た場合は、皮脂の分泌が多いのもあり、洗顔料やシャンプー、リンスなどの洗い残しが原因のため、シャンプー、リンスを流した後に洗顔して、しっかり泡を流す、髪の毛があたらないように髪の毛を分けるなどでおでこに髪の毛が当たらないように対処しましょう。

頬にニキビができた場合は、恥ずかしいからと髪の毛などで隠さないようにし、ファンデーションの厚塗りは避けましょう。また、頬は範囲が広い分空気中の埃や汚れが付きやすい場所です。クレンジングと洗顔で汚れやほこり、ファンデーションなどをしっかり落としましょう。

また、紫外線もたっぷりあたりやすい部分なので、日焼け止めをこまめに塗って紫外線を予防しましょう。実は、ニキビで肌が弱っている時に紫外線があたるとさらにニキビが悪化する場合もあります。日焼け止めはべたべたするものもあるため、使うのを躊躇する方もいますが、日焼け止めクリームのベタベタより紫外線の方が肌には悪影響ですので、こまめに塗るようにしましょう。

ただ、日焼け止めでニキビが悪化するようであれば、日焼け止めが肌に負担をかけているため、もう少し低刺激の赤ちゃん用や敏感肌用にかえることをおすすめします。

鼻は皮脂の分泌が多い場所のため、毛穴の黒ずみやニキビができやすい部位です。黒ずみが気になるからと毛穴から無理矢理皮脂を押し出して、ニキビが悪化してしまうことも少なくありません。毛穴の黒ずみを無理矢理出そうとせず、クレンジングと洗顔料の泡で鼻をパックして毛穴の汚れを浮かせましょう。ただ、はがすタイプの鼻パックは鼻周りの皮膚に刺激を与えてしまうので、あまりおすすめできません。

あご周りにできるニキビはストレスやホルモンバランスの崩れが主な原因なので、それらを解消することで治る場合もあります。人間関係であったり、無理なダイエットであったり、睡眠不足だったりとストレスの原因は人それぞれです。好きなことをする、お風呂にゆっくり入る、旅行をするなどでストレスを解消しつつ、バランスの良い食事を心がけて、睡眠をしっかりとるようにしましょう。

また、女性は生理前になるとあご周りにニキビができる、ホルモンバランスの崩れが原因の場合もあります。女性ホルモンの働きを促す食材を食べたり、しっかり寝るようにしましょう。ホルモンバランスを整えるために対処してもダメな場合は病気の可能性もありますので、病院を受診して検査することをおすすめします。

いずれも皮脂の分泌が関係しています。甘いものや刺激の強いもの、油分が多いものは皮脂が過剰に分泌される原因になってしまいますので、ニキビが大量に出来ている時は皮脂に分泌をおさえる食材を食べるようにすると落ち着くかもしれませんよ。

おすすめ記事

 - おでこニキビ , , , ,