にきび解消メソッド

にきびができる要因は人それぞれ。自分のニキビの原因や要因を知って、にきびの悩みから解放されましょう。もうにきびに悩まないで!そのにきびは治るんです。

お尻ニキビが痛いのはなぜ?オロナインは効果がある?

   

f36cd7eeb3dbf1474f0fe8c94a8c2b32_s

ニキビは顔だけでなく、体のあちこちにできます。ニキビとは何らかの理由で毛穴が詰まったことでできるため、顔だけじゃないのは当然ですよね。にきびは顔をはじめ、おしりや陰部、背中、胸元と様々な場所にできます。顔にできても胸にできても痛いニキビは痛いのですが、特に違和感や痛みを感じるのはお尻ではないでしょうか。

お尻ニキビが痛いのはなぜ?

ニキビは毛穴がある体の部位にはどこでもできる可能性があります。その理由は、なんらかの理由で毛穴がつまり、炎症を起こすためです。そしてお尻にも毛穴があり、皮脂の分泌が活発なため、ニキビはできやす状態といえます。ただ、お尻は外からは見えない状態のため、ニキビができても目立つことはありませんが、座ったり、歩いたりと様々な動作を行うたび、違和感痛みかゆみを感じます。

また、あまりに痛いと座ったり歩いたりなどの日常生活に支障が出る場合もあるのです。ニキビが出来ている時に外部からの刺激や座るなどでお尻を圧迫すると、刺激となってますます皮脂の働きが活発になり、ニキビができやすくなり悪循環な状態に。にきびができるだけでなく、悪化しやすい場所でもあるため、お尻ニキビは痛くなってしまうのです。

そんなお尻ニキビですが、痛みをとるためにはニキビを悪化させないこと、刺激をあたえないことが重要です。
ですが、座ったり立ったり歩いたりは日常生活で必要不可欠です。にきびを刺激しないように気をつけつつ、ボディーソープできれいに洗い、シャンプー、リンス、ボディーソープなどの洗い残しのないようにしっかり洗い流しましょう。

また、汚れた下着を何日も使い続けるのもニキビを悪化させる原因です。下着が汚れたらこまめに取り換える、シャワーを浴びてきれいにするなどを心がけましょう。

お尻ニキビにオロナインは効果がある?

お尻にできたニキビは思いのほか痛いといわれています。その理由は外部からの刺激の影響です。座ったり立ったり、歩いたりなどで服があたってこすれたり、座った重みなどでニキビを刺激します。そんな痛いニキビはオロナインを使うと効果があるのでしょうか。

オロナインにはニキビ、吹き出物、はたけ、やけど、ひび、あかぎれなど様々な効能や効果が記載されています。実際にオロナインを使ってニキビがなくなったという方もいるくらいです。ただ、ニキビであればよい効能をもたらす場合もありますが、おしりに出来たものがニキビでなければ効果を実感できない場合もあります。

なぜならおしりにできるのはニキビだけでなく、おできの場合もあるためです。おできは粉瘤ともよばれ、にきびと同様に皮脂やアカなどの汚れが詰まるものですが、おできができると自然になおることはなく、治っても皮膚の下に出来た袋を取り除かないとなんどもできてしまいます。

また、皮膚の下にできた袋はどんどん大きくなりますので、おできも大きくなってしまいます。そうなるとオロナインの効果を実感できませんし、袋を皮膚の下から取り除く必要があります。

見た目はニキビのようですが、粉瘤はニキビと特徴が異なりますので、ニキビとはちょっと違うかも・・・と思ったら病院を受診する方がいいかもしれません。

おすすめ記事

 - ニキビ全般 , , ,